【奇跡】転移した左肺と背骨の腫瘍が消失しました

f:id:M0M0G0N:20220623220507j:image

仕事が終わり帰宅するとササッとシャワーを浴びて、東関東道を東へ向かう。

自宅から2時間ほどで犬吠埼に到着。

夜9時すぎ。

遠くに見える灯台

車の荷台にマットと寝袋を敷き、ちゃぶ台を開いて夕飯。

 波が浜辺へ打ち付ける音を聞きながら眠りにつく。(うるさくて全く眠れない)



起きたら軽く朝食。

お湯を沸かしてモーニングコーヒー

インスタントだけど。


こんな旅もよくない?





最近ブログを更新してないって??

色々あって辛かった。

疲れた時は海を見に行く。

海は、1人で見ることに意味がある。


様々なコミュニティに属して生活していく中で、時に癌である自分が歓迎されてないと感じることが少なからずある。


体調が不安定な日々は相変わらず続いてるし、かといって仕事は最期までやり遂げたい。

懸命に、やり残さないように生きていくことが、最大の恩返しだと思う。


AYA世代の患者会が、患者や全国の病院向けに発行する冊子に体験談を執筆することになった。

家族や友人、職場の方にも話していないことが多く、仮の原稿は出来ているのだが、今となって掲載すべきかどうか悩んでいる。


初回の手術の1週間後に傷口が開き、創部感染症と言われていたのだが、最近、正式に蜂窩織炎と判定された。


とにかく体調が悪い。不安定なんだ。


抗がん剤は身体に色々なダメージを与えたようで

右大腿蜂窩織炎、薬剤性心筋症をどうにかしないといけない。

抗がん剤のアドリアマイシンは心筋症のリスクを高めるらしく、確かに胸の痛みが突然出ることがあるし、心筋症の数値は悪化し始めてるし、早めにどうにかしないとならん。

けど心筋症の薬がとにかく身体に合わなくて薬のせいで頭痛いしもうとにかくイヤ。

ずっと寝てる。

色んなストレスもあるし、疲れる。

仕事以外は大抵寝てる。

妹以外、家族友人問わず電話してくるのやめてください。

何かあったらLINEのトークで連絡を。

元気かつ気が向いた時に返信します。


昨秋のPETCTで肺と背骨への転移が発覚してから半年経った今日、再びPETCTを撮ったんだけど、肺と背骨の腫瘍が消失してました。

抗がん剤治療後初めてのPET。

腫瘍の消失は間違いなく抗がん剤の成果で、類上皮肉腫には抗がん剤は期待できないといわれていた中での抗がん剤治療だったので未だに信じられない。


原発の右大腿の腫瘍もなぜか縮小していて、色々と信じられない。


背骨の腫瘍が消失したものの背骨の痛みは増していて、痛み止めの麻薬を増量したばかり。


全く油断できないので、今後も職場の協力を仰ぎつつ、あくまで治療を優先していく。


旅には出る。

旅は再開する。


抗がん剤顛末記

2月から3週間おきに、計5回の抗がん剤投与を行った。

 

アドリアシン(ドキソルビシン)の単剤。

f:id:M0M0G0N:20220502221129j:image

 

 

先週の木曜日に、一応最後となる投与を行ったのだが、治療過程の一区切りとして、今の感想を簡単に記録しておきたい。

 

まず、副作用だが、当初思っていたほど酷いものではなかった。

最初は、抗がん剤を投与する約3ヶ月間は仕事も両立できないのではないかと不安に感じていたものの、投与後1週間は身体に強い影響が残るが、その後は順調に体力が回復していく。このパターンを3週間おきに繰り返すというだけだった。

抗がん剤の投与後数日は食欲の大幅な低下、吐き気や大幅な体力低下がみられる。ベッドから出るのも辛い。しかしこの辺りは、事前に大量の飲料水や冷凍食品を買いだめしておけば難なく乗り切れる。体力低下も一日の中で波があって、割と元気に家事ができると思ったら寝込んでしまったり。。自分の体調の波を見極めながら生活を送る必要がある。

 

身体の表面的に大きく現れた副作用としては、脱毛が一番大きいだろう。

初投与の2~4週間の内に全部抜けた。

2か月後くらいから少しずつ眉毛も薄くなってくる。

 

あとは骨髄抑制。貧血。頭痛。自律神経の乱れからくる不眠。

翌日が仕事の時は、深夜の不眠と頭痛が辛すぎる。そういう時に限って食欲は低下するから、体力も低下する一方だ。

 

自分の場合は、右足の原発に創部感染が認められているので、免疫力が下がると抵抗力が落ちて一気に高熱を出したり、右足の浮腫みが悪化する。恐らく感染性と思われる高熱が投与1週間後に必ず出現していた。

抗がん剤に関わらず、体力的に無理をして免疫力が低下すると感染性の高熱を引き起こす可能性が高いし、それが二次的な病変を引き起こす可能性もあるので、今後の日常生活は慎重を重ねたいと思っている。

 

しかしながら、歩みを止めた時点で生活に喜びはない。

仕事でもプライベートでも、目標や理想を新たに掲げながら、日常を実りある豊かなものにしていきたい。

 

 

f:id:M0M0G0N:20220502220958j:image
f:id:M0M0G0N:20220502220956j:image